美容と健康

青汁で不足しがちな栄養素をとる

今健康志向がとても高まっている時代となっています。
毎日があわただしい生活を送っている中で、なかなか健康面を考えて栄養素がしっかりとれた食生活を送りにくくなっています。
さらに不規則な生活や睡眠不足などから、肌荒れを起こしたり疲労がたまりやすくなってしまう人もいます。

私たちの体にとって生活習慣と食生活は、体に大きな影響を与えます。
そして体に負担がかかりすぎると、大きな病気にかかってしまう恐れもあります。
特に日本人の死因の一番であるガンは、毎日の食生活と大きな関係があります。

ガンは今4人1人がかかるといわれえるほど身近な病気になっています。
若い人でも高齢者でも発症しやすく、初期症状に気づきにくいため分かったころには手遅れという人も多いです。
このような大きな病気を未然に防ぐためにも、毎日の食生活の改善がとても重要です。

それでも生活習慣は、仕事や生活スタイルなどがあり難しいという人も多いです。
そのため食生活の中で、バランスがよく栄養素をしっかりとることで、生活習慣病を防ぐことができます。
そんな不足しがちな栄養素を補う効果があるのが青汁です。

日本人が一番不足しがちな栄養素といえば野菜です。
1日に350gの野菜を摂取する必要があり、緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよく摂取しなくてはいけません。
それを毎日の食事で献立を感下ながら摂取するのはとても難しいです。

青汁では1日1杯から数杯で一日の野菜の摂取量を補うことができます。
野菜不足は肥満、便秘、肌荒れ、冷え性、高血圧、心筋梗塞などを病気の原因となります。
また野菜には多くのビタミンとミネラルが含まれています。

ビタミンやミネラルは炭水化物や脂質、たんぱく質をスムーズにエネルギーに変えるための働きをしています。
なので減少することで体への負担が増えてしまいます。
特に今は洋食が増え、コンビニ弁当やインスタント食品などの加工品がとても増えてきました。

またビタミンやミネラルの不足は、ストレスやうつ病や集中力の低下、情緒不安定などの症状を引き起こします。
現代社会でストレスを抱えやすくなっている人が多くなっている中で、さらなるストレスを積み重ねてしまう要因になっています。
これらのすべての栄養素をバランスよく含まれているのが青汁の特徴です。
不足しがちな野菜の栄養素とミネラルやビタミンといった成分が簡単に摂取することができます。
まずは無理なく1日1杯から摂取していくようにしましょう。

Copyright(C) 2013 昔から必要とされる栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.