美容と健康

青汁でコレステロールが下がる?

健康にいいとされる食品は数多く販売されています。
中でも青汁は昔から健康食品としてとても有名です。
苦くてまずいというイメージが強いですが、胃までは飲みやすくアレンジされている商品がとても増えてきています。

青汁には私たちの体に不足しがちな栄養素をたくさん含んでいます。
和食から洋食がメインの食生活が増え、野菜を摂取する事が少なく万りました。
炭水化物や脂質を多く摂取することが増え、それらを消化するための栄養素が不足しています。

それによって体内に脂肪分や余分な栄養素がたまり、メタボリックなどの原因につながっています。
メタボが進むと血中の脂肪分が増え、コレステロールが上がってしまいます。
すると動脈硬化や血栓ができやすいという特徴があります。

命に関わる病気を未然に防ぐためにも、血中のコレステロールを下げる必要があります。
血中のコレステロール血を下げる効果が期待できるのは青汁です。
青汁には多くの食物繊維が含まれています。

食物繊維は腸の動きを活発にして、老廃物の排出をスムーズにさせてくれます。
腸が常にいい栄養素を吸収しやすくなります。
どの栄養素もまず腸ので吸収され栄養素が体内に循環するので、腸の働きが活発になることが重要です。

そのためには、食物繊維が豊富に含まれた青汁が有効的です。
また青汁には抗酸化成分が含まれています。
抗酸化成分は血中に含まれる活性酸素の酸化を防いでくれる働きがあります。

活性酸素は体内に蓄積されると、発生した付近の細胞を酸化させてしまいます。
酸化していくと、細胞が衰え正常の働きができなくなります。
この活性酸素が血管に蓄積されると血中の悪玉コレステロールとむすびつき酸化させてしまいます。

すると動脈硬化などの大きな病気を引き起こします。
これらの病気を未然に防ぎながらも、血液をサラサラにしてコレステロール値を避ける効果もあるので青汁は効果的です。
青汁は血中のコレステロールを下げるだけでなく、そのほかの他の栄養素も豊富に含まれています。
栄養バランスが優れているので、積極的に取り入れていきましょう。

Copyright(C) 2013 昔から必要とされる栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.