美容と健康

おいしくて飲みやすい青汁って?

今健康志向が高まっている中で、いろんな商品が開発されています。
毎日に忙しい日常の中で、なかなか栄養バランスがとれた食生活を送ることが難しくなっています。
いろんな栄養素がある中で、現代人が一番不足しがちなものが野菜です。

一日の野菜の摂取量の目安は350グラムといわれています。
それだけの量をただとればいいというわけではありません。
野菜には緑黄色野菜と淡色野菜に分かれます。

緑黄色野菜を一日120g、淡色野菜を230g取るのが理想といわれています。
野菜でもバランスを取りながら摂取するのはとても難しいです。
そんな野菜不足の人にとってお勧めなのが青汁です。

青汁には一日に必要な野菜の摂取量を簡単にとることができます。
ただ青汁と聞くとまず最初に思い浮かぶのが、まずくて飲めないのではということではないでしょうか。
CMなどでも、まずいという一言が印象的な青汁が思い浮かべます。

まずいものでも体にいいものであれば取り入れるべきでも、あまりにもまずい場合は継続して取り続けられません。
やはり毎日取り続ける事が健康の秘訣といえます。
最近ではとても飲みやすい青汁が増えてきています。

それはどのような青汁なのでしょうか。
この成分がまずくて苦くなる要因の一つに、ケールが含まれている場合が多いです。
ケールは緑黄色野菜の中でビタミン類が一番多く含まれています。

そのため青汁に使用されている可能性がとても高い野菜です。
ケールの味が苦手な人や初めて青汁を飲む人には、ケールが含まれていないものを選ぶとおいしい青汁にめぐり合いやすいです。
ケールの栄養素を摂取したいという人には、はちみつが一緒に含まれたものを選ぶと甘味もあって飲みやすいです。

そのほかにもマンゴー味や抹茶風味やリンゴ風味といった飲みやすいようにアレンジされた青汁もあります。
初めての人は一度飲んだ物がまずいと次に飲みたいと思えなくなってしまいます。
なので飲みやすさを重視するといいでしょう。

Copyright(C) 2013 昔から必要とされる栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.